現在はあまり見かけませんが、見積書の中には塗装費一式????円というのがあります。
これほどいい加減な見積書はありません。 どのような塗装をするかによって塗装費が数倍違うこともあります。

塗装費=工賃+材料費+管理費

工賃はニス塗りのような高度な技術を必要とするのでなければ工程数で決まります。 
材料費は主成分の樹脂で異なり、比較的安価なアクリルと高価なフッソ塗料では10倍以上の価格差があります。

当システムの見積金額の構成は官公庁の競争入札で採用されている原価計算方式の見積もりで、下記のようになっています。

見積原価=材料費+労務費+現場管理費
見積金額=見積原価+一般管理費

材料費と労務費は理論的に算出できますが、管理費については比率で算出します。

現場管理費について

労務費と材料費以外の”現場”でかかる経費です。下記の項目があげられます。

目安:直接工事費(材料費+労務費)の5%から15%、現場環境や塗装仕様によって異なります。

一般管理費について

会社を運営していく上で必要な経費(粗利)です。製造業の原価率は60%前後(粗利率40%)と言われていますが、塗装業では経営形態で変わります。eペイントは中間流通が無いものとし20%~30%が妥当としました。粗利で賄う項目として下記のものがあげられます。

目安:見積原価の15%から25%、会社規模,アフターフォロー等の内容によって異なります。

Appx.塗装業のIT化を目指すeペイントサイトのリンク集

言葉でなく仕組みで消費者主導を実現するeペイント

eペイントサイトのリンク

その他、体験はコチラで!

☞ デモ店で外壁塗装の『標準見積』を体験
☞ デモ店で外壁塗装の『詳細準見積』を体験(PC版のみ)
☞ デモ店で『RC住宅・ビル外壁見積』を体験(PC版のみ)
☞ デモ店で『カラーシミュレーション』を体験

↑ PAGE TOP