見積書の内訳中身が違います

『標準見積』,『詳細見積』,『RC住宅,ビル、マンション見積』共通で提供される資料です。
eペイントの見積もりは原価計算方式です。見積書に添付されている見積金額裏付け資料を見れば、一括見積り、相見積り、相場、適正価格などの言葉に惑わされることが無くなります。

1.見積明細書の入手?

外壁塗装の見積書,原価明細,施工仕様書のメール送信画面
見積明細資料の入手

eペイント業者以外の不正使用を防ぐためにメールで送信します。お名前は匿名でもOKです。

2.外壁塗装の見積書(総括表)

■ お客様が受け取る『見積書(総括表)』の送付例 ■
項目金 額(¥)労務費(¥)材料費(¥)
1. 足場工事192,000192,0000
2. 洗浄工事32,25032,2500
3. 補修工事36,98831,4985,490
4. 塗装工事342,380247,57494,807
5. 防水工事18,39013,9904,400
6. 石貼工事73,43028,33045,100
直接工事費小計695,438545,642149,797
現場経費69,543 直接工事費の10%
工事原価764,981 直接工事費+現場経費
一般管理費152,996 工事原価の20%
見積小計917,977  
消費税91,798 10%
見積合計1,009,775  
外壁塗装工事の見積書(総括表)の見方

一般の見積総括表は金額のみですが、eペイントの総括表は金額をさらに「労務費」と「材料費」に分けて外壁塗装工事の見積根拠を明らかにしています。

  1. 足場と洗浄工事は使用する材料が無く機器損料を含んだ労務費として計上されています。
  2. 補修工事,塗装工事~石貼工事までは使用する材料費と労務費に分けています。

3.外壁塗装の見積書(内訳書)

■ お客様が受け取る『見積内訳書』の送付例 ■
見積項目仕 様数 量単位単 価金 額備考
1. 足場工事          
 単管ビケ/ブラケット足場 240 m 800 192,000  
     ※小計※         192,000  
2. 洗浄工事            
 高圧洗浄(外壁)   130 m 150 19,500  
 高圧洗浄(屋根)   85 m 150 12,750  
     ※小計※         32,250  
3. 塗装工事            
 外壁塗装 水性シリコン仕上 80 1,683 134,640
 屋根塗装 水性シリコン遮熱仕上 85 1,781 151,385  
  :   :
小 計         342,380  

eペイント業者以外の見積内訳書と比較できるよう平米単価(塗装単価)表記ですが、eペイントの平米単価は各出店業者の歩掛,材料価格,・・・塗装規模などから算出された金額で1円の単位まで表記します。

4.使用材料の明細書

外壁塗り替えに必要な塗料,シーリング材などの明細一覧

■ お客様が受け取る『塗装材料一覧』の送付例 ■
材料名 荷姿 価格 使用量 缶数 使用金額 仕入数 仕入金額
変成シリコン・シーリング材ノンブリード 333 g/本 2,420 250.0 g 0.8 908 1 1,210
シーリング材用プライマー 150 g/缶 1,100 50 g 0.3 367 1 1,100
  :              
  :              
水性下地調整材 16 Kg缶 6,500 24.0 Kg 1.5 134,640 2 13,000
水性シリコン塗料 15 Kg缶 18,000 24.0 Kg 1.6 28,800 2 36,000
弱溶剤ウレタン塗料 15 Kgセッ 36,000 12.9 Kg        
  :   : 
小 計        149,905   212,060

外壁塗装塗り替え費用をここまでオープンにできるのは原価積算アプリだからです。各出店業者の見積に必要なデータをデータベース化し、労務費や材料費の算出に利用しています。「見積もりとは本来、予算原価を計算することです」がどの塗装業者の見積もりもブラックボックスです。『適正価格を教えます』,『相見積もりで安く』,『一括見積もり』という前に見積根拠を明らかにすべきではないですか? eペイントの「原価積算見積結果」と比較して、安ければ手抜き工事を疑い、高ければサービスの内容をチェックする必要があります。

5.外壁塗装の施工仕様書

■ お客様が受け取る『塗装工事施工仕様書』の送付例 ■
部位数量・単位部 位数量・単位
その他鉄部塗装 (細物) 2 m ---- ----
[塗装仕様]弱溶剤ウレタン鉄部仕様

特殊変性エポキシ樹脂と特殊防錆顔料の相乗効果により、優れた防食性を示します。上塗りは弱溶剤ウレタン仕上げです。

工程名 商品名 メーカー 塗布量 回数 希釈率 塗装間隔 希釈剤
第4種ケレン 1
錆止め 弱溶剤型エポキシ樹脂錆止め塗料 0.15 1 5 6 塗料シンナー
上塗1回目 弱溶剤ウレタン塗料 0.15 1 5 5 塗料シンナー
上塗2回目 弱溶剤ウレタン塗料 0.15 1 5 5 塗料シンナー

施工仕様書は非常に重要な資料です。塗装工事は一般に①『素地調整』→②『下塗り』→③『中塗り』→④『上塗り』と幾層にも作業工程を重ねて仕上げるものです。よく手抜き工事といわれるものは工程①,②を省く、塗料メーカーが指定している希釈率を超えて薄くした塗料(シャブイ塗料)を使って塗料代を安くすることです。eペイントの見積もりは見積金額だけではなく各工事の施工仕様書を添付します。

Appx.塗装業のIT化を目指すeペイントサイトのリンク集

言葉でなく、仕組みで消費者主導を実現するeペイント

eペイントサイトのリンク

その他、体験はコチラで!

☞ デモ店で外壁塗装の『標準見積』を体験
☞ デモ店で外壁塗装の『詳細準見積』を体験(PC版のみ)
☞ デモ店で『RC住宅・ビル外壁見積』を体験(PC版のみ)
☞ デモ店で『カラーシミュレーション』を体験