1.外壁塗装工事の見積もりはどこが問題か?

1-1.なぜ、「1平米いくら」なのか?

なぜ外壁塗装の見積りが「1平米いくら」なのか?

建設業界の中で下請け業種の塗装業は元請との請負契約で「1㎡単価の見積」が使われています。この業者間の取引単価が消費者市場である住宅塗替えの見積もりで使用され現在に至っています。その結果、消費者は業者の見積金額が適正かどうか判断できず「相場や適正価格お教えます」,「正しい見積書の見方」・・などと塗替え市場が混乱しています。そもそも見積とは「必要な費用を拾い出し、経費と利益を加え」て作成するものです。
公共事業の競争入札では㎡単価見積は禁止され、原価計算方式の見積以外は入札もできません。eペイントは消費者が原価計算方式の見積りアプリで自宅の外壁塗装費を簡単に見積もれるようにしました。

1-2.eペイントの見積は原価計算方式

消費者にとって塗装業者の見積金額が金額が高いのか?、安いのか?、リーズナブルなのか?、平米単価で書かれた見積書では判断できません。 また、一括見積などの相見積は見積金額の相対的な比較はできますが納得感は得られません。
消費者が納得するには見積金額の根拠(原価)を示す必要があります。eペイントの見積アプリはネット上で外壁塗装費の「見える化」を実現しました。

原価計算

  • 材料費:塗装面積と使用する塗料の価格と塗布量から使用缶数と金額を算出
  • 人件費:塗装面積と塗装職人の日当,歩掛から計算
  • 現場管理費:直接工事費(材料費+人件費)の比率で計算

見積計算

  • 工事原価=[材料費]+[人件費]+[現場管理費]
  • 一般管理費:工事原価の比率で計算
  • 見積金額=[工事原価]+[一般管理費]

 ☞ eペイントの見積書サンプル

1-3.単価方式と原価計算方式の比較

見積もりとは本来、「予算原価を計算することです」が、どの塗装業者の見積書も「1平米いくら」の単価見積りで消費者にとってはブラックボックスです。見積根拠が曖昧だから『適正価格を教えます』,『相見積もりで安く』,『一括見積もり』などのキャッチコピーがネット上に溢れています。-eペイントの外壁塗装見積もり例はコチラ

■ 平米単価見積方式と原価計算方式の比較 ■
項 目 ㎡単価見積方式(一括見積サイトなど)原価計算方式(eペイント見積サイト)
見積もる人 塗装業者お客様がネットで
見積の算出方法 塗装業者の経験、塗料メーカーの積算平米単価を参考に算出、根拠はブラックボックス 塗装仕様、歩掛り、日当、塗料・・・などの見積りに必要なデータベースを利用して算出
見積り時間 打合せ→現地調査、数日~数週間(費用発生) いつでもどこでもネットで数分(無料)
見積提案数 2,3種類の見積書 金額、耐用年数、機能別に外壁10種、屋根10種の組合せ100種の見積結果の中から選べます
塗料明細 なし 使用材料一覧(材料名、荷姿、価格、使用量 ・・・)
人件費明細 なし 見積金額を労務費と材料費に分けて記載
施工仕様書 なし 塗装箇所ごとに施工仕様書と材料使用量
打合せ回数 契約まで3~4回 現地調査ツールで調査日の一回で済ませることができます
使われ方 業者間取引 消費者市場

2.自分で外壁塗装費を見積るメリット

面倒な手続きや、やりとりはありません。今すぐネットにアクセスして塗替え費用を無料で見積れます。入力データは塗装面積や塗料を決めるのに必要な最小限です。

  1. 時間をとらない-何時でも何処でも無料オンライン見積もりができる
  2. 見積精度が高い-見積金額を「見える化」した原価計算方式の見積もり
  3. 豊富な見積結果-金額、耐用年数、機能別に豊富な見積結果(外壁/屋根の組合せ100種)
  4. 打合せ回数が少-eペイント業者は、お客様と同じ見積アプリを組込んだ現地調査ツールを利用して見積→価格交渉→契約を実現

3.外壁塗装の見積方法は3通り

A『自分で見積もる』、B『写真で見積もり依頼』、C『業者を決めて見積る』の三通りあります

見積書に「塗料明細」, 「人件費」, 「管理費」,「塗装工程」などの塗装工事に必要な原価と資料を添付し「見える化」しました。相場,相見積り,適正価格などに頼らず、自由に見積条件を変えて塗料グレード(種類)ごとの金額を確認できます。

3-1.自分で見積もる

お客様が見積った内容で施工する業者を紹介します。

自分で見積もる操作画面

①.お住まいの都道府県(㊟1)を選び都道府県別『戸建住宅の標準見積(㊟2)』画面へ移動します。

②.標準見積画面で建物情報と見積条件を入力し、「見積実行」ボタンを押します。

③.外壁10種、屋根10種の見積結果の中からご希望の塗料グレードを選び、「次へ進む」ボタンを押します。

④.ご希望金額など必要な項目を入力して、「送信」ボタンを押して完了です。

-お客様の見積内容で施工する業者を紹介します-

㊟1:都道府県で標準的な塗装個所と塗料グレードが異なります。
㊟2:見積操作の詳細は「4-2.見積もりアプリの使い方」を参照

3-2.写真で見積もり依頼

建物の写真と最小限の情報を送るだけで、精度の高い見積結果(塗装グレード別100種)が届きます。

写真で見積もり依頼の操作画面

①.正面・両側面・裏面の写真4枚と各辺の長さを指定し、必要事項を入力して送信します。

②.24時間以内(土日祭日は除く)に外壁10種と姉10種の見積結果がメールで届きます。

③.外壁10種、屋根10種の中からご希望の塗料グレードを選び、返信メールで送信します。

-お客様の見積内容で施工する業者を紹介します-

3-3.業者を決めて見積る

eペイント業者の見積ページで見積り、塗装グレードと金額を決めて契約交渉できます。

塗装業者と直接契約時の見積概念図

①.お住まいの都道府県を選び、お近くの業者アイコン外壁塗装の見積ができる塗装業者見積り可)をクリックして業者を選んでください。

②.選択した業者サイトで「標準見積」,「詳細見積」,「RCビル見積」ができます。

③.見積結果の中からご希望の塗料グレードを選び、「見積書を入手して業者と交渉してください。

-お客様と塗装業者の直取引です-

㊟1:出店業者ごとにデータ(塗料グレードの種類、材料価格、・・)が異なります。

出店業者がいない都道府県では、お客様の見積った内容で施工する業者を紹介します。

4.外壁塗装費の見積もりアプリの紹介

eペイントの見積アプリは塗装単価方式ではなく原価計算方式による見積です。塗装規模、塗装グレード、日当、歩掛り、塗装箇所、・・・などで塗装原価を自動計算し、現場経費と一般管理費(粗利)を加えて見積額を計算します。さらに、一回の見積操作で100種の塗装グレード別見積額を提供します。

4-1.見積サイトの概念図

原価計算方式の見積システムとカラーシミュレーションの動作イメージ図

塗装会社が見積もるのが当たり前だと思っていませんか?

 外壁・屋根の塗装費用をWEBアプリでお客様が見積もる時代が来ました。さらに、この住宅塗り替え塗装見積りアプリは「使用塗料」,「人件費」などの原価を積算して見積もる原価計算方式です。しかも、たった一回の見積もり操作で「塗料種別」、「耐用年数」、「機能」、「金額」別に外壁と屋根に分けて、それぞれ最大10種の見積結果を表示します。お客様は外壁と屋根の塗料グレードを別々に選ぶことで、100種の見積書から最適な見積書を選ぶことができます

eペイントの見積りには『標準見積』,『詳細見積』,『RC小型ビル見積』の3種類(㊟1)あります。また、『標準見積』以外では外壁補修工事,防水工事,人工石の石貼コラボ工事の見積りも原価計算方式で行えます。

*㊟1:標準見積以外はeペイント業者サイトのみでご利用できます。

4-2.見積もりアプリの使い方

ここでは「自分で見積る」、「業者を決めて見積る」の操作手順を紹介します。
標準的な塗装箇所と住宅の周囲長または延べ床面積から求めた概算数量で外壁と屋根の塗装塗替え費用を見積もります。
- 塗装箇所と施工数量がお分かりの方は「業者を決めて見積る」で『詳細見積』メニュを選択し、正確な塗装面積で精度の高い外壁塗装費用の見積もりができます -

①.見積画面と建物情報で塗装面積を計算するためのモデルハウスについて

『標準見積』画面-外壁塗装の標準的な見積もりができます

『標準見積』は塗装塗替え工事のみです。外壁補修,防水,石貼左官工事の費用は『業者を決めて見積る』を選び『詳細見積』で見積もれます。

モデルハウスで各塗装箇所の概算数量を求めます

標準見積数量算出モデルハウス
■ 概算塗装面積算出に使われるデータの一部 ■
項目 設定データ
1. 建物の「幅vs奥行」の比率 4対3
2. 1階部分の高さ2.75 m
3. 2階部分の高さ2.62 m
4. 外壁に対する窓などの非塗装面比率25 %
5. 軒の張り出し0.65 m
6. 切妻屋根の勾配と竪樋数 22 度 2本
    |  |
15. 大屋根の勾配と竪樋数 40 度 2本

②.建物の概要と屋根形状の入力

見積数量算出のための入力画面-eペイント

標準見積に含まれる塗装箇所(部位)は外壁、屋根、、破風、軒裏、縦横樋です。地域に合わせて自由に設定できます。

標準的な塗装面積をモデルハウス*を使って求めます。周囲長が分からない方は延べ床面積を入力してください。外壁の面積は建物の「周囲長」X「1階の高さ」X「階層」で求めます。
★「延べ床面積」より「周囲長」の方が実測値に近い数量になります★

非塗装面積の比率」と「軒の張り出し」の値はご自宅に合わせて変更できます。

*クリックで参考資料を!

③.「外壁素材」,「屋根素材」で使用できる塗料グレードが決まります

外壁と屋根の素材選択画面

塗装は素材と用途で塗れる塗料の範囲が決まり、さらに機能,耐用年数,金額別に塗料グレードが決まります。eペイントでは外壁と屋根用に機能,耐用年数,金額に分けて最大10種の見積もりを行えます。

*一回の見積操作で(外壁10種)x(屋根10種)の組み合せで100種の見積結果を得られます。

④.見積額に影響する見積条件の入力

外壁塗装費用見積りシミュレーション入力画面

職人さんの日当現場管理費と一般管理費の比率を変えることができます。
(*日当,管理費比率の補足説明はクリックで)

-当システムの見積金額の構成は官公庁の競争入札で採用されている原価計算方式です-

  • 見積原価=(材料費)+(労務費)+(現場管理費)
  • 見積金額=(見積原価)+(一般管理費)

現場管理費は原価に含まれ。塗装業者の粗利率は一般管理費を指します。

⑤.外壁10種,屋根10種の見積結果の中からご希望の塗料グレードを選びます

外壁と屋根の塗装工事費用の見積結果画面(100種類の見積結果)

ほとんど外壁塗装業者の見積もりは塗料グレードを変えて2~3種類の見積書を作成し、お客様に選択してもらう形をとっています。
eペイントで見積もると、外壁塗装(左側欄)と屋根塗装(右側欄)に分けて、それぞれ10種類の見積結果が表示されます。その中から塗料の「種類」,「機能」,「耐用年数」,「見積金額」などを参考にご希望の見積もりを選びます。
塗料の金額は主成分の樹脂、用途、機能、耐用年数などで数倍異なることがありますが住宅塗替えでは総見積額に占める塗料代は20~30%です。仮に10年の塗料グレードの見積額が80万円だとして、塗料代が2倍高い20年の塗料グレードに変更したとしても見積額は100万円~110万円に収まります。1年当たりのコスパは10年グレードが8万円で20年グレードが5万円~5.5万円で、断然20年の塗料グレードがお得です。 外壁塗装業者の選択肢が少ない見積書から、eペイントでは外壁と屋根の塗料グレードの組合せ100種の中から最適な見積書を選べます。

≪業者の見積書をチェックしたい方はeペイント業者サイトの詳細見積で!≫

業者の見積書があれば金額をチェックできます。eペイント詳細見積は全塗装箇所の数量を個別に入力して、より正確な塗装面積で見積もりします。見積対象は戸建住宅、RCビル、集合住宅です。見積方式は塗装工事にかかる費用(塗料代,人件費,経費・・)を積算して見積金額を求める原価計算方式です。

業者の見積書に疑問なら、自分で見積り、業者の見積書をチェックは ☞ コチラ

5.外壁塗装費用のシミュレーション

外壁塗装費用は相場、適正価格(?)、相見積でも納得できません。eペイントの原価計算方式の見積アプリで塗装費用をシミュレーションできます。人件費、材料費、施工書などの見積明細を「見える化」しました。

5-1.見積条件を変えて塗装費用をシミュレーション

お客様が「職人の日当」,「管理費の比率」などの見積条件を変えて、リアルタイムで一軒家の外壁と屋根の標準的な塗装箇所と数量で塗装費用をシミュレーションできます。

外壁塗装費用見積りシミュレーション入力画面
■ 外壁塗装費用シミュレーション例 ■
職人さんの日当(¥)現場管理費(%)一般管理費(%)見積金額(¥)
シミュレーション結果
20,0001020¥828,692
20,000515¥758,065
18,0001020¥759,757
15,0001020¥656,679
25,0001020¥1,000,394
*塗装費用は職人さんの日当で大きく変わりますが、実際は腕の良い職人さんは作業効率も、仕上がり品質も高く、一概に安い職人がお得というわけではありません。

職人さんの日当、現場管理費の比率、一般管理費の比率を変えて、外壁と屋根の塗料グレードごとに費用のシミュレーションができます。
(*日当,比率はクリックで参考資料が見られます)

木造2階建て一軒家(35坪)のシミュレーション例(外壁と屋根はシリコン仕上)

  1. 初期の見積条件で見積もり、見積金額は¥828,692です。
  2. 管理費の比率を5%づつ下げると見積金額は¥758,065
  3. 管理費の比率は初期条件のままで、日当を¥20,000から¥18,000へ変えてシミュレーション
  4. 管理費の比率は初期条件のままで、日当を¥20,000から¥15,000へ変えてシミュレーション
  5. 管理費の比率は初期条件のままで、日当を¥20,000から¥25,000へ変えてシミュレーション

5-2.25坪~50坪のシミュレーション結果

外壁塗装費は坪数でいくらは余りにも大雑把ですが、ネット上の検索でよく目にするので、あえてeペイント見積もりでシミュレーションしてみました。

塗装費は住宅の階層,屋根形状で塗装面積が変わり、外壁や屋根の素材で塗装できる塗料が異なります。建物の経年変化で補修工事が必要になることもあります。下記シミュレーション結果はあくまでも参考金額ですが実際の塗装費との誤差は±10%以内に収まるはずです。

≪見積シミュレーション条件≫

  • 職人日当:2万円 現場経費:10% 一般管理費:20%
  • 塗装箇所:外壁,屋根,破風,軒天,横樋/縦樋
  • 非塗装部分の比率:25% 軒の張り出し:0.5m
  • 外壁の普及仕様:水性シリコン,高級仕様:遮断熱水性シリコン
  • 屋根の普及仕様:水性シリコン,高級仕様:遮熱溶剤系フッソ

■ 外壁塗装費25坪~50坪のシミュレーション結果 ■(切妻屋根の例)
坪数(平米) 平屋 二階建て 三階建て
普及仕様 高級仕様 普及仕様 高級仕様 普及仕様 高級仕様
25坪(83㎡) ¥753,734 ¥1,263,337 ¥723,753 ¥1,209,387 ¥758,092 ¥1,271,715
30坪(99㎡) ¥825,205 ¥1,393,724 ¥790,450 ¥1,332,166 ¥798,021 ¥1,367,276
35坪(116㎡) ¥901,296 ¥1,535,280 ¥811,268 ¥1,393,044 ¥858,141 ¥1,479,482
40坪(132㎡) ¥963,632 ¥1,649,742 ¥870,768 ¥1,502,275 ¥913,960 ¥1,584,691
45坪(148㎡) ¥1,008,628 ¥1,756,003 ¥924,607 ¥1,604,139 ¥949,980 ¥1,649,210
50坪(165㎡) ¥1,073,997 ¥1,881,073 ¥977,220 ¥1,703,096 ¥996,936 ¥1,740,642
*原価計算方式では一円の単位まで計算されます。
*塗装仕様(塗料)の普及グレードと高級グレードの塗装金額は約1.7倍の開きがあります。

≪20坪から50坪までの価格表はコチラ≫

外壁塗装費は適正価格(?) 、相場(?)、相見積り・・どれも見積金額の裏付けが無いから消費者の納得感が得れません。

5-3.屋根の形状や素材でも変わる塗装費

屋根形状で足場面積、外壁面積、屋根面積が変わります。屋根の素材で使用する塗料が変わります。塗装金額が見積もりアプリではどのように変わるかを床面積30坪,二階建て,普及仕様の例で見てみましょう。

■ 2階建て30坪の外壁塗装費-屋根形状で変わる塗装金額の比較例(スレート) ■
坪数 切妻屋根 陸屋根 寄棟屋根 入母屋 大屋根 片流れ屋根
30坪 ¥790,450 ¥713,678 ¥731,452 ¥775,783 ¥814,207 ¥818,680

*屋根形状の違いで塗装費は最大14%の開きがあります。

6.eペイント【紹介ビデオ】

-ネット時代は自分で外壁塗装費用を見積もれる-

外壁塗装の費用を理論的に算出します。見積りとは工事施工前の予算原価を計算することです。eペイントは、初めに工事に直接必要な費用(直接工事費)を理論的に計算します。塗装面積が○○㎡で塗布量がXXkg/㎡だから塗料代はいくら、日当〇△円の職人さんが一日X△㎡塗れるから人件費がいくら、現場経費が直接工事費の〇X%だからいくら、ここまでの費用合計が工事原価です。一般管理費は工事原価の△〇%必要だからいくら、最後に工事原価に一般管理費を加えて見積額が決まります。

-塗装のプロでもできない外壁塗装の原価積算見積り-

≪外壁と屋根の塗装面積について≫

床面積から塗装面積を求めるには建物の間口と奥行きの比率、1階と2階以上の高さ、屋根の勾配、・・・等々を決める必要があります。これらの値は外壁や屋根の塗装面積に大きく影響します。「非塗装面の比率」と「軒の張出し」はお客様が自由に変更できます。

≪塗装工賃と塗料代について≫

塗料メーカーの施工仕様書には下地調整(旧塗膜の処理など)、下塗、中塗、上塗ごとに使用する塗料と塗布量(使用量/㎡)が決められています。この塗布量から塗料代が、各工程の歩掛(1/1日の施工量)と作業する職人さんの日当から労務費が計算できます。見積サイトではお客様が「日当」,「管理費の比率」を変えて何度でも外壁塗装費用をシミュレーションできます。

-外壁と屋根の塗装100種を10秒で見積もる eペイントの『標準見積』-

標準見積に必要な入力項目は

  • ①延床面積または建物周囲長 -面積を算出
  • ②屋根の形状 -面積を算出
  • ③外壁の素材と屋根の素材 -仕様絞込み

です。これらの項目を事前に調べておけば、入力するのに10秒もかかりません。入力するのは簡単ですが、見積結果はプロでも面倒な原価積算です。

Appx.塗装業のIT化を目指すeペイントサイトのリンク集

言葉でなく、仕組みで消費者主導を実現するeペイント

eペイントサイトのリンク

その他、体験はコチラで!

☞ デモ店で外壁塗装の『標準見積』を体験
☞ デモ店で外壁塗装の『詳細準見積』を体験(PC版のみ)
☞ デモ店で『RC住宅・ビル外壁見積』を体験(PC版のみ)
☞ デモ店で『カラーシミュレーション』を体験

Tweet

↑ PAGE TOP