外壁塗装は自分で見積もって塗装店へダイレクト発注! 相場や相見積は不要のIT時代へ

外壁塗装の見積もりはDIYで!相場や相見積で分らない外壁塗装の原価明細を明らかにします。
外壁と屋根の塗装仕様の組み合せで100種の見積金額が瞬時!(パソコン、スマホ、タブレット)

外壁塗装の見積もりについて

IT時代になっても外壁塗装の見積は、”適正価格を教えます”、”相見積もりで安く”、”相場を教えます”などの文言が多く使われています。共通しているのはどのサイトも塗装業者からコミッションをとるビジネスモデルです。これらの文言は消費者に不安をあおり、サイト誘導するのに使われています。外壁塗装の見積根拠が曖昧な方が好都合なのです。 eペイントの外壁塗装の見積もりは原価積算見積です。 この方式はDIYで外壁を塗装する人が多い欧米(欧米の外壁塗装の見積書についてはコチラ)では、塗料の値段や塗装作業の手間を消費者が理解しているからです。日本のような見積根拠を示さない塗装単価見積書や外壁塗装マッチングサイトを見かけません。 だからと言って、日本の塗装業者の経験や見積方式の見積精度が低いということではありません。見積額が適正であっても消費者が納得するには、”使われる材料費”、”塗装作業の労務費”、”工事現場を管理する費用”などを明確にする必要かあります。 eペイントのビジネスモデルは消費者と塗装業者双方からミッションを一切頂きません。

eペイントのビジネスモデル

  • お客様が見積もって業者と直接契約できるコミッション・フリーの仕組みです。(*1)
  • ネット上で外壁塗装の原価積算による見積とカラーシミュレーションができる仮想塗装店舗の提供
  • 契約までの時間を大幅に減らすITツールの提供
  • サイト運営費は出店業者の会費(仮想店舗の家賃)です。

*1:このビジネスモデルは経済産業省の中小企業経営革新支援法の認定を受けました。

1.eペイントとは?

大半が中小零細企業の塗装業者はIT時代以前は外壁塗装専門の訪問販売業の下請け、IT時代はマッチングサイト(外壁塗装業者紹介のコミッション・ビジネス)の下請け、直取引であれば必要のない契約額の2~3割を消費者と塗装業者で負担しています。
eペイントは消費者と塗装業者の直取引でコミッション・フリーのビジネスモデルです。安心して地元塗装業者と請負契約できるよう消費者と塗装業者へ必要なWEBアプリ(外壁塗装の費用シミュレーション、カラーシミュレーション)を提供し、誰もが安心安全で納得できる住宅の塗替え市場を目指す総合サイトです。

ホームページを持たない塗装業者様へ外壁塗装の見積アプリとカラーシミュレーションアプリを組込んだサイトを提供します。またHPをお持ちの業者様は自社サイトにこの2つのWEBアプリを組込むことができます。

さらに塗装業者様へは、”対応の遅さ”、”見積がブラックボックス”、”プレゼンや説明が苦手"などの弱点を支援する”eペイント受注支援ツール”をご用意しました。 このツール利用することで現地調査時に、その場で見積もり、塗装仕様と価格の提案、価格交渉⇒契約書の発行までこなし、大幅な業務効率の改善になります。

2.外壁塗装の費用は自分で見積れる

相場や相見積は不要!納得できる原価積算見積へ

オンラインで外壁塗装の見積資料を入手するまでの概念図:eペイント

塗装業者が見積もりするのが当たり前だと思っていた外壁塗装の見積もりをお客様がDIYで見積もりする時代が来ました。さらに、塗装業者の見積書は単価見積が主流ですが、eペイントは使用する材料費、職人さんの人件費などの原価を積算して見積もる原価積算見積です。しかも、たった一回の見積もり操作で塗料種別、耐用年数、機能、金額別に外壁と屋根に分けて、それぞれ最大10種の見積結果を表示します。お客様は外壁と屋根の塗装仕様の中から要望に合った塗装仕様を別々に選ぶことで、100種の見積書から最適な見積書を選部ことができます。

また、お客様が”職人の日当”、”管理費の比率”などの見積条件を変えてリアルタイムで外壁塗装の費用をシミュレーションできます。

なぜ、お客様が外壁塗装費用を見積もるのか?

ネット上には自社施工業者,中間流通業者(相見積、優良塗装業者紹介・・)などさまざまな塗装業?(サイト)が存在します。 お客様はどの業者/サイトで見積もっても見積内容が適正かどうかの判断ができません。eペイントはお客様が原価積算WEBアプリで見積もり、実際にかかる塗装費用の原価明細を知って塗装業者と対等に交渉できます。

eペイントはブラックボックスな外壁塗装の見積もりを見える化しました

eペイントの外壁塗装の見積もりは、一般的に使われている塗装平米単価をベースにした見積ではなく、労務費、材料費などの塗装原価の積算で見積額を決定します。この見積額を㎡当たりに逆算して参考程度に平米単価を提供します。 塗装原価を計算するに当たっては、各eペイント業者の塗料の価格、日当、歩掛り、塗装規模・・・・などをデータベース化しています。従って、各eペイント業者の見積額は各社のオリジナル技術や塗装仕様が反映されたものです。
このeペイントの原価積算見積方式は欧米では当たり前ですが、日本では複合平米単価方式(材料費+労務費+管理費の合計を㎡当たりで表現する方式)の見積書が主流で材料費と労務費の明細が分からず見積額が妥当かどうか判断できません。その結果、外壁塗装業者として訪問販売業やネット上では相見積や相場を売りに塗装業以外のさまざまな企業が参入しています。

eペイントの見積もりで入手できる資料

eペインでは下記の見積資料をお客様へメール(非会員業者の不正利用防止のため)で提供します。

  • お客様がメールで受け取る外壁塗装の詳細資料サンプルはコチラ

  1. 原価積算見積書(労務費,材料費,現場管理費,一般管理費)
  2. 平米単価方式の見積内訳書
  3. 材料明細書(商品名、価格、使用量)
  4. 塗装仕様書(塗装工程、使用材料、乾燥時間・・・)

外壁塗装の”㎡単価見積”(一般的な見積)”と原価積算見積”(eペイント)の違い

eペイントの外壁塗装の見積額は原価積算方式で材料費+労務費+管理費で決まりますが、見積書には参考データとして材料費と工賃の合計金額を㎡当たりに逆算して平米単価も表示しています。

■ 単価見積と原価積算見積の違い ■
項 目 単価見積(一般的な塗装業者の見積)原価積算見積(eペイントの見積)
見積もる人は? 塗装業者お客様が出店業者のサイトで
見積額の算出方法 業者の経験、塗料メーカーの積算単価を参考に算出、根拠はブラックボックス 塗装仕様、歩掛り、日当、塗料・・・などの見積に必要なデータベースを利用して算出
見積書の入手までの時間 業者の現地調査、打ち合わせ後、数日~数週間 いつでもどこでも、ネットで数分
塗装仕様の提案数 業者によりますが2,3種類の見積書 1回の見積操作で、外壁と屋根の塗装仕様の組み合せ最大100種の外壁塗装の見積書(*1)
見積書の内容 単価見積書のみ 単価見積書,予算原価見積書(*2),塗装仕様書,材料明細書,労務明細書
見積対象(工事種別) 原則塗装工事のみ、その他工事は別途見積 外壁塗装工事.屋根塗装工事,防水工事,石貼り工事
ご契約までの打合せ回数 現地調査⇒見積書提出⇒価格交渉⇒契約まで3~4回 eペイントツールの利用で現地調査日にすべて完了、1回

*1;お客様の外壁と屋根塗装に求める予算、機能、耐用年数などを考慮して、外壁と屋根の塗装仕様を別々に選べます。

*2;原価要素(材料費、労務費、管理費、利益等)を別々に計上して、その要素ごとの金額(原価)を記した見積書。情報開示の進んでいる欧米で主に用いられている。

なぜ、地元業者がベストか?

地元塗装店は地域密着だから傷みやすい木部の再塗装や小工事、クレームにも迅速に対応できます。同じ生活圏で事業をされているから評判が命です。営業主体の訪販塗装会社が営業ツールの一つとして発行する保証書(10年後に会社がない)よりも地元業者のほうが安心安全です。 eペイントは施工能力のある外壁塗装業者であればわずかな出店費で参加できます。マッチングサイトや相見積サイトのようなコミッションは一切不要なeペイント出店業者とお客様の直取引です。eペイントは外壁塗装の地産地消で地域社会を応援します。

3.eペイント業者の外壁塗装の見積もりサイト

どこで見積もりができるの?

塗装業者選択リストと日本地図の画面

インターネットブラウザー(Google,Yahoo,Safari,Firefoxなど)で”eペイント”と入力して検索するかURL窓に”shop.epaint.jp”してください。
お住まいの都道府県で絞り込み、お近くの外壁塗装費用の見積もりができるeペイント業者をリストまたは日本地図上で選択します。

”工事種別”,”見積機能”でさらに業者を絞り込むことができます。

業者を探すには下記のボタンを押してスタート!

標準見積とは最小限の建物情報で概算数量を計算して外壁塗装の見積もりをします

見積数量算出のための入力画面-eペイント

標準的な家屋の塗装面積をモデルハウス*を使って求めます。周囲長が分からない方は延べ床面積を入力してください。外壁の面積は建物の”周囲長”X”1階の高さ”X”階層”で求めます。

”非塗装面積の比率”と”軒の張り出し”の初期値は各eペイント業者が地域の住宅を参考に決めた値です。ご自宅に合わせて変更してください。

屋根の形状で外壁塗装面積と屋根塗装面積が変わります。

*クリックで参考資料を!

外壁と屋根の塗装に使われる塗装仕様を絞り込みます

外壁と屋根の素材選択画面

外壁に使われている素材で使用できる外壁塗装の仕様が絞られます。

屋根に使われている素材で使用できる屋根塗装の仕様が決まります。

見積条件を変えて外壁塗装の費用をシミュレーションできます

外壁塗装の費用シミュレーション:eペイント

職人さんの日当現場管理費の比率、一般管理費の比率を変えて外壁塗装費用のシミュレーションができます。

*クリックで参考資料を!

どうやって100種の中から最適な見積を選ぶのか?

外壁と屋根の気見合わせで塗装仕様が100種

現状では、ほとんど業者の見積書はせいぜい2~3種類を提示し、お客様に選択してもらう形をとっています。
eペイントの外壁塗装見積もりはお客様の入力データに基づいて外壁(左側欄)と屋根(右側欄)に分けて見積結果が表示されます。その中から”塗料の樹脂”、”機能”、”耐用年数”、”見積金額”などの判断条件を参考に外壁の塗装仕様(左側欄)と屋根の塗装仕様(右側欄)を選びます。
塗料の金額は主成分の樹脂、用途、機能、耐用年数などで数倍異なることがありますが総見積額に占める塗料代は20~30%です。仮に初期の見積額が80万円(10年仕様)だとして塗料代が2倍高い(20年仕様)ものを使ったとしても見積額は100万円~110万円に収まります。一年当たりのコスパは10年仕様が8万円で20年仕様が5万円か~5.5万円で、断然20年仕様がお得なことが分かります。 現状の選択肢の少ない見積から、eペイントでは樹脂、機能、耐用年数ごとに外壁10種と屋根10種の見積額が表示されます。 お客様は外壁と屋根の組み合せ仕様100種の中から、予算、機能、耐用年数などを考慮して最適な塗装仕様の見積書を選べます。

4.ネット時代の外壁塗装は自分で見積る【紹介ビデオ】

ネット時代は自分で外壁塗装の費用を見積もれる

外壁塗装の費用は自分で見積る時代へ紹介ビデオーeペイント-YouTube

外壁塗装の費用を理論的に算出します。見積とは工事施工前の予算原価を計算することです。eペイントは先ず工事に直接必要な費用(直接工事費という)を理論的に計算します。塗装面積が○○㎡で塗布量がXXkg/㎡だから材料費はいくら、日当〇△円の職人さんが一日X△㎡塗れるから工賃がいくら、現場経費が直接工事費の〇X%だからいくら、ここまでの費用の合計が工事原価と言われます。一般管理費は工事原価の△〇%必要だからいくら、最後に工事原価に一般管理費を加えて見積額が決まります。

お客様は塗料の機能,価格,寿命別に最大100種の見積結果の中からご希望条件に合った外壁塗装の見積明細を入手して業者と交渉できます。

塗装のプロで見できない外壁塗装の原価積算見積もり

①外壁塗装の施工面積について

床面積から塗装面積を求めるには建物の間口と奥行きの比率、1階と2階以上の高さ、屋根の勾配、・・・等々を決める必要があります。これらの値はeペイント業者が設定します。外壁や屋根の塗装面積に大きく影響する”非塗装面の比率”、”軒の張出し”はお客様がご自宅に合わせて自由に変更できます。

②外壁塗装の工賃と材料費について

塗料メーカーの施工仕様書には下地調整(旧塗膜の処理など)、下塗、中塗、上塗ごとに使用する塗料と塗布量(使用量/㎡)が決められています。各工程の歩掛(1/施工量㎡/日)と作業する職人さんの日当が分かれば、労務費と材料費を計算することができます。塗装施工仕様書と歩掛、日当などはeペイント業者が設定します。お客様が見積サイトで”日当”,”管理費の比率”を変えて何度でも外壁塗装の費用をシミュレーションできます。

外壁と屋根の塗装100種を10秒で見積もる eペイントの標準見積

外壁塗装の標準見積もりに必要な入力項目は①延床面積または建物周囲長,②屋根の形状,③外壁の素材と屋根の素材です。 項目①,②は塗装面積を算出するのに使われ、項目③は素材に合った塗装仕様を決めるのに使われます。 これらの項目を事前に調べておけば、入力するのに10秒もかかりません。入力するのは簡単ですが、見積結果はプロでも面倒な原価積算です。

標準見積の塗装面積は実際の建物の塗装面積と異なります。より詳細な外壁塗装の見積をご希望の方には塗装箇所ごとに面積や数量を入力できる『詳細見積』とビルなどの改修工事が見積もれる『RC建物見積』が用意されています。

☞ デモ店で外壁塗装の標準見積を体験
☞ デモ店で外壁塗装の詳細準見積を体験
☞ デモ店でRC住宅・ビル外壁見積を体験

5.IT時代の住宅の外壁塗替え市場

商品販売とは異なる現場施工の外壁塗装工事

インターネット社会が成熟するにつれて価格の決定権がサービス提供側から消費者側へ移りつつあります。 インターネットの仮想世界では消費者が物理的な空間を移動する必要がなく、ある商品を購入しようとすれば、その商品を扱っている世界中の店の価格比較表を作り一番安い店で購入もできます。 やがて一番安い価格が消費者に支持され、より高い価格は時間とともに消滅していきます。 つまり、消費者が価格を決めたことになります。 商品が型番や商品名で特定できるものは消費者にとって大変メリットがありますが、この仕組みを外壁塗装やリフォームのような現場施工の工事に適用するには、業者の能力や人間性(安心・安全・信頼)が施工現場で発揮されるサービス商品に対しては不向きと思われます。

外壁・屋根塗装は一括見積サイトや相場に頼らず、事前にお客様が塗装費用をシミュレーションできる時代へ

お近くのeペイント業者のホームページに組込まれた”外壁塗装の見積アプリ”をご利用すれば、住宅やビルの外壁、屋根の塗り替え、外壁補修、防水工事などの費用を曖昧な相場や相見積もりに頼らずオンラインで知ることができます。 この外壁塗装の見積アプリは、お客様が職人さんの日当や業者の管理費比率を変えて外壁塗装費用をシミュレーションできます。塗布量、塗装規模、基準日当、歩掛・・などは出店業者のオリジナルデータが用いられます。これらのデータを基に塗装仕様ごとに塗装原価を算出し管理費と業者の利益を加算して見積金額を表示します。ご希望の塗装仕様の見積原価明細資料(塗料一覧と材料価格,日当と工賃,消耗品などの雑費,管理費・・)を入手し、ご自分で塗り替え費用を決めて塗装業者と交渉もできます。 また、複数の塗装業者の見積書(相見積)の中から最適な見積書を選ぶ判断基準としても有益です。 家の塗り替え費用やビルの改修工事費は高額なものです。eペイントは、お客様にとって知りたいことをオンラインで提供し、後悔のない塗装工事のお手伝いをします。

--どうしても相見積をするときは外壁と屋根の塗装仕様を決めて相見積業者へ依頼します--

外壁や屋根の塗装仕様が異なる相見積は見積書の比較ができず、まったく意味のないことでです。

インターネットとトラブル

リフォーム(トイレ、水回り,・・・・)で詐欺にあった記事が新聞に掲載されていました。被害者に共通しているのはネット検索上位の広告をクリックしてしまった結果、悪徳業者に騙されるケースが多いようです。ネット広告は一定の条件を満たし広告費を払えば上位に表示される仕組みです。ネット広告主は玉石混交であることは否めません。
ネットに強いユーザーはネット広告を飛ばしてネットサーフィンをしていますが、顧客の目に触れないとビジネスに結びつかいないのも事実です。eペイントではプレミアム会員様向けにGoogle,Yahoo広告代行を行っています。 ぜひご利用ください!
eペイント広告代行; プリミアム会員様は初回の広告開始後1カ月間の代行費用を無料! 広告課金費用は別途かかります。

外壁塗装の補助金詐欺が多く発生しています。Googleで”外壁塗装”で検索すると『補助金が出ます』という文言のサイトを見かけます。”外壁塗装 補助金詐欺”で検索すると一番目に表示されるサイトのタイトルが『外壁塗装で「助成金がもらえる」は詐欺への入り口』が一番目に掲載されます。補助金で顧客を釣り、結局「ここは助成金が出なかったですね~」となり、割高な工事を強引に勧めることが狙いのようです。
横浜市のホームページには『※外壁塗装(遮熱、断熱タイプ含む)及び屋根の葺き替えは本補助事業の対象となりませんのでご注意ください。』と書かれています。
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/jutaku/sien/shoene/event/ecohojo.html

6.ウェブで自宅写真のカラーシミュレーション

eペイント業者とご契約すると、ご自宅写真で外壁、屋根、その他塗装箇所のカラーシミュレーションをいつでもどこでも利用できます。
家の塗替え工事の主目的は住宅の美観を高めることと寿命を延ばことですが、色を使った自己表現や外観デザインを一新できる機会でもあります。 誰が見てもカラーコーディネイトの素晴らしい家は一目置かれ、住宅価値も高く感じます。
eペイント・カラーシミュレーション・アプリはサイディング外壁やモルタル外壁のテクスチャー(凹凸や構造模様)を忠実に再現します。

eペイントカラーシミュレーションの詳細は、下記ボタンを押してください!

(パソコン,タブレット、スマホで利用できます)

7.塗装業の皆様へ! eペイントのご利用案内

eペイントの『外壁塗装見積WEBアプリ』と『カラーシミュレーションWEBアプリ』は出店業者のネット塗装店サイト以外に、出店業者のオリジナルHPに組込んで利用できます。

元請を目指す塗装の皆様へ、営業と業務の効率化に欠かせない塗装業のIT化はネット塗装店eペイントが簡単で安価です。

  • eペイントの紹介サイトは ☞ コチラ
  • eペイントのご利用案内は ☞ コチラ

↑ PAGE TOP